更新日 : 2021年11月27日

WOODSMAN CAMPGROUND(2回目)

林間キャンプに完全にハマりまして、土日で空いてるところないかなーってなんとなしに探してたら前回お世話になったWOODSMAN CAMPGROUNDさんに空きが出てたんで即予約して行ってきました。

非公式?の前回に使えなかったギアが使いたくてしょうがなかったんですよ。
空いてたのはたまたま。もう一度行きたい場所ではあったので空きを見つけた瞬間に即予約。四の五の考える前にとりあえず行動でした。

今回は前回の入り口側にある山のソロサイトではなく、川下の方にある川サイトを選びました。
単純に行ってなかったから選んだってのと、山側の設営までの運搬が大変なので選べるなら違う方を選んだ、ってのが本音...。

1時間ほど遅れて入ったのですでに4人の方がテントを構えてました。
自分は川沿いが良かったので木の間にねじ込むように設営。結構強引ではあったけど間にキレイに収まったし、川も見える場所だったのでとてもいい感じ。

川サイトは目の前に道志川が広がる、他より川に近いサイト。
山側のソロサイトも沢が隣に流れてるんだけど、そっちよりは全然近い。ホント目の前。
ただ、オートサイトの家族連れの方が結構来るので川への階段近くにテント構えると結構アレかも。朝も来るしね。

この日はソロ用に買った焚き火台、UCOの「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」を使いたくて来たわけです。
何気に初のソロ用焚き火台。今までのは仲間でのBBQ用に買ったやつだったのででかいし設営とか片付けに時間がかかって、ソロだと割りとめんどかったんですよ。
そこで、ソロ用のを買って気軽に焚き火がやれるようになったのでそのお試しってわけです。

結論、ソロ用の買って正解でした。
小さい分、薪1本を横にするのは手間がかかったけど、完全に入れることにこだわらなければ全然余裕で使えたし、小さい分近くに寄せれるので暖をとるのにちょうどいい感じでした。
焚き火台自体もコンパクトで片付けも楽。ただ、セットにあったケースが焚き火台+グリル入れるにはかなりキツキツなのでそこの収納には難があるかも。実際自分はグリル用の網をケースに入れるのを一旦諦めてます...。どうにかならんのかー。

この日夜の気温は9℃ぐらいまで。もうちょっと下がるかと思ったけど意外と...。
って思ってたら明け方に雨。
あー、なるほど...。

林間だし、朝日の角度的にも陽が当たらないので撤収の時間になっても全然乾かず、濡れたまま撤収。
まぁ、ある程度の準備はしてるからいいんだけど、朝乾かせないのはちょっとつらいなー。
キャンプから帰ったら必ずテントは干すんだけど、濡れてるかどうかは結構重要だって思った。手間と気持ちが全然違う。
濡れてるとやっぱいろいろと気を使うし手入れとか考えちゃうもんね。
なかなか難しいわ。

今年キャンプ初めて2回目来たのは初めてだったけどやっぱりWOODSMAN CAMPGROUNDさん良きでした。
林間で川沿いって言うのが自分の中でかなりツボ。ロケーション的にはトップクラスで好きです。
今年はもう行けそうにないけど、また来年お願いします。