更新日 : 2024年6月 6日

田貫湖キャンプ場(2回目)

3ヶ月ぶりにソロキャンをキメてきた。
場所は田貫湖キャンプ場。不動の個人的No.1キャンプ場です。

※投稿がかなり遅れたので行った日付近にしてます。

去年は紅葉の時期も外し天気も最悪だったんだけど、今回は紅葉を狙って去年より少し時期を早めて来場。
去年よりは周辺含め紅葉はあったけど、それでも湖周辺はほぼ散ってしまっていて今回も紅葉キャンプはおあずけ。
なかなかに難しい...。

今回のソロの目的は薪ストーブの初火入れ。
そうです。薪ストーブ買ったんですよw
今年はガッツリ冬キャンやろうと思ってMt.SUMIの薪ストーブ、AURAを購入。
灯油ストーブでの冬キャンは1~3月でやったんだけど、今シーズンは薪ストーブでやろうと思って、引っ越しが落ち着いた&思ったより敷金の返金があったことで即ポチw
最初に火入れをして塗料の焼付けをしなければいけないと言うことでタイミングとしては絶好のタイミングでした。ただね、この日めっちゃ天気良くてすげー暑かったんだよねw

初めて使う薪ストーブ。最初だから設営に時間かかったもののそこまで難しいもんじゃなかったな、というのが正直な感想。
重量があるから大変ではあったけど、設営自体はポイントさえ押さえてればたいしたことない。
完全に冷えないと片付けられないから、そこを考慮して片付けるときは時間調整しないといけないのは注意点かな。
むき出しで薪ストーブ使ってたからか知らんおっちゃんに話しかけられたりして周りからの注目度抜群でした。まぁ、かっけぇからな。しょうがねぇわw

この日は富士山にも雲ひとつかからない快晴。
富士山を正面に見る位置で、テントはいつものBUNDOKソロティピーTCを張る。

なんだコレ、最高じゃないか。

去年田貫湖に来てからやりたかった富士山を見ながらの酒。
なんならキャンプ初めてからずっとこれを求めてたのかもしれない。
目の前に広がる憧れてた風景に、うまく言葉にならない状態でひたすら富士山を眺めて酒飲んでた。
夕方には赤富士になり、見たかった風景全入りみたいな状態にw
これ見て酔わないわけないよ。

夕方ぐらいに後ろにいた二人の外国人(英語喋ってたから中国系アメリカ人?)から「スイマセン」と声かけられた。
手にはスマホ。ああ、写真取りたいのか、と。
英語なんてしゃべれないから身振り手振りで「富士山と撮る?」「2人一緒?」(←1人がぜんぜん乗り気じゃなかったw)と応えたんだけど、「ノーノー」と背中を指差しもう片手に持ってた箱的なものを見せられる。
持ってた箱はゆるキャンのクッキー。指してた背中は俺が着てたゆるキャンのTシャツのことっぽく、「ああ、俺かw」とw
富士山見えるように立ち、背中を向けてパシャリ。なんだこれw
夜にはそのクッキーをもらったんだけど、酔ってるせいもあって急におもてなし精神が爆発。何かお返ししないとって思って気づいたのがちょうど焼いてた肉バーグ。ゆるキャンに出てくるし1人で3つ食うのはしんどかったから1個を半分にしてお返し。
貧弱英語力を駆使してゆるキャンに出てくるハンバーグだよ、って説明。ゆるキャン大好きみたいですぐにわかってもらえたw
思わぬところで異文化交流。まさかゆるキャンを通じてこういうことが起きるとは思わなかった。日本のアニメ文化すげぇなー。

翌朝も引き続き晴れてたからデッキに移動して日の出を拝む。
朝日に照らされた長者ヶ岳もキレイだったなー。
これ見るために早起きした甲斐があるいい景色でした。

帰りは本栖湖に寄り道。晴れてるんだ、ここに来ない理由はないよ。
道中が田貫湖では味わえなかった最高の紅葉で溢れてた。いつもの富士山スポットで変えるつもりが勢い余って本栖湖を1周w だけじゃなく、そのまま西湖を遠回りして紅葉と富士山をおかわりw

たまんねぇなぁ。おい。

田貫湖の周辺が既に終わってたのになんで本栖湖は絶好調なんだろ。本栖湖のほうが標高高くて寒いはずなのにな。
木の問題なのかな。よくわからん。
来年は頑張って洪庵キャンプ場での紅葉キャンプをしたいと思いました。本当にキレイすぎた。

快晴の田貫湖でキャンプができて、また一層田貫湖が好きになりました。
どこかで薪ストーブ使ってお篭りキャンプもやりたい。
田貫湖は何度でも行きたいキャンプ場になりつつある。今度来るときはどんな顔見せてくれるんだろうなぁ。楽しみだ。