大ケガ

先週の日曜日(2/4)の大会中にアキレス腱がぶっちぎれました。

まさかだったね。
まさか自分のアキレス腱が切れるとは・・・。

あと、切れたのって意外とわかるもんなんだね。
切れたときに音が聞こえるとか、蹴られたような衝撃とか、そういうの聞いてたせいなんだろうか。

ブロックの後ろに落とされたフェイントかなんかを拾って、スパイクを打とうと開こうと1,2歩下がったその瞬間に例の衝撃が左足にガツーンと。
最初はバックのレシーブの人とぶつかったんだと思ってた。衝撃だけで痛みはなかったし。瞬間に後ろ振り返ったけど誰もいなくて「あれ?」ってなって、もう1歩行こうとしたらもう足に力が入ってなくて前から崩れるように倒れたのと同時ぐらいに痛みも来て、「ああ、やっちまったな」、と。

アキレス腱切れたって思ってその場で足首を動かして見るんだけど、あれ?意外と動く。
思ったようには動かないけど、全然動かないわけじゃないから切れたかどうかは最初よくわかんなかった。
ただ、やっぱりアキレス腱が痛いし、力も入らないから完全にやっちまった、って。

その場ですぐ助っ人で来れてくれてた人が診断。
すげー積極的に触ってくるから最初何やってんだこの人?って思ってたw
後で知ったけど助っ人の人整形外科医ですげーびっくりした。
その人のお陰でその日に固めてもらえる病院も探してもらえたし、色々とアドバイスとかももらえてすげー助かった。木島さん本当にありがとう。

で、
手術にするか保存療法にするか悩んだけど、切らなくても治るんじゃない?ってことで保存療法を選びました。
もっと若かったら手術選んでさっさと治して復帰って思ったんだけど、流石にこの歳だしね。すぐに復帰したところで別に、、って感じだし、それよりなによりウチの猫さんたちが手術の間放置になっちゃうのが嫌だったからね。
まぁ、急ぐ理由はないし、再断裂のリスクもあるけど手術で家を空けないで治せるならやっぱりこっちを選んじゃうなー。

ただ、生活はすこぶる不便。
動くことは出来ないし、そもそもその動くことがすごい大変。
松葉杖生活がこんなにキツいって思わなかったな。。。
こんな思いするなら手術しようかとも思ったけど、結局切ってもしばらくは松葉杖は確定だし、それなりのリスクもあるみたいだからね。早く治っても数週間程度みたいだし。
まぁ、杖生活が短いのはそれはそれで魅力だけどもw

仕事は理解のある職場のお陰で自宅対応にさせてもらってる。
まぁ、仕事的に会社行かなきゃって業務はほとんど無いからね。ホントありがたい。社長に感謝だ。

とりあえず1ヶ月は杖生活&自宅療養確定。
上手く動けないからもはや生きることそのものがめんどくさくなってる。
腹が減ってもメシの準備がめんどくさいからなかなか食べないし、作るのもしんどいからカンタンなものしか作らないし。
とは言え、それなりにバランスのいいものを食べてたりするから、普段より健康的な食生活は送ってる気がするw
杖も使えばそれなりに体力使うし、座るにしても足の事考えて体勢しっかりしないとツラいから今までよりずっと日常生活で体力使ってる。
この1週間でだいぶ痩せたんじゃないかな。

人生最大の大ケガ。
バレー復帰できるのか微妙だけど、焦らずじっくり治していこうと思います。年末にはボール触れるぐらいになれたらいいな。
正直、こんなに彼女・嫁の類が欲しいと思ったことは無いですw
人に支えて欲しいって思ったことも久しぶり。
歳のせいなのか色々弱って来てるけど、もうちょっとがんばって生きていこうと思います。